Car inspectionオイル交換について (^o^)/

前にも一度書いたお話なのですが、
やはり気になるお客様が多いので改めて書いてみます。

車には必ずメンテンナスが必要です。

その中でも特に重要なのがオイル交換。
これを怠ると間違いなく車の寿命に影響するのですが、
あまり意識されていない方が多いようです。

たまに「あんまり乗ってへんからオイルは変えんでもエエやろ」という方がおられますが、
それは大間違い。
オイルというのは交換したその時点から劣化が始まります。
距離を走ろうが走るまいがオイルは劣化するのです。
あんまり乗ってないと言われるお客様ほど、かなり乗ってたりすることが多いのですが・・・ (-_-;)

それではオイルが劣化する理由を挙げてみましょう。
1. エンジン内が高温になることによる劣化 
2. 寒暖差などによってエンジン内に結露が発生し、オイルに水分が混ざることによる劣化 
3. 走行距離の多い少ないにかかわらず、オイルが空気にさらされ酸化が進むことによる劣化  
4. エンジン内部の部品の磨耗によって生じた金属粉や燃料の燃え残り成分をオイルが取り込んでしまうことによる劣化。

劣化するとどうなるかと言いますと、
1、粘度の低下
2、汚れ
この二つが発生します。
粘度の低下とはどういう意味かと申しますと、
本来あったネバツキが無くなり、サラサラになるということです。

その結果どのような状況を招くかというと、
1、燃費の悪化
2、加速力の低下
3、エンジンの焼き付きや不具合
という症状が発生します。

オイル交換の値段はお店によっても違いますが、
5千円から1万円ほどでしょう。
これをケチったばかりに、
エンジンが故障してしまい、
多額の修理代がかかってしまったり、
最悪の場合には車の乗り換えが必要になるケースもあります。
このような事態になることは避けたいものです。

できれば半年に一度の交換をお薦めしますが、
最低でも1年に一度は交換していただいた方がよろしいかと思います。

当店では、排気量によって値段を設定しております。
また、オイルの規格によっても値段は異なりますので
一度お問い合わせいただければ幸いです。(^^)






			

- 社長インタビュー -

代表取締役 目見田純也


- スタッフ紹介 -

常務取締役 谷家誠


- スタッフ紹介 -

マネージャー 森蔭智昭


- スタッフ紹介 -

総務・広報 東邦恵