Car inspection雨の日の運転について

梅雨の季節ですね。

何日か前もひどい雨で、道路のあちらこちらに水溜まりができていました。

ところで、車を運転していて、この水溜まりに迂闊に入ってしまうと、
ハイドロプレーニング現象が発生してしまい、
ハンドルもブレーキも一切利かなくなることがあるのですが、
そんな現象があることはご存知でしょうか?

実は私も一度経験があります。

片側二車線の国道で、左側の車線を走っていたのですが、
左カーブに差し掛かった時にちょうど水溜りがありました。
その水溜りに乗り上げたところ、車はすうーっと横滑りし、
気が付いた時には右側の車線を走っていたのです。
ラッキーな事に、周りに他の車がいなかったので事故にはなりませんでしたが、
水溜りの水の膜の上にタイヤが乗ってしまうと、
何トンもある車がいとも簡単に滑ってしまいます。

このハイドロプレーニング現象への対策がいくつかありますので、お知らせしておきます。


・濡れた路面、雨天時は速度を控える

・水たまりを避けて走る

・タイヤの空気圧が低い状態で走行しない(タイヤの空気圧を規定値にしておく)

・溝が少ないタイヤで走行しない

・ヒビが入るなど古く劣化したタイヤを使わない

これらの事にご注意いただければ、かなり効果はあると思います。


また、雨の日にはブレーキをかける際にも注意しないといけない点があります。

早めのブレーキはもちろんですが、ブレーキをかける場所にも注意が必要です。

横断歩道やセンターラインのペイントの表面は雨が降ると大変滑りやすくなります。
片輪がペイント部分に乗るだけで左右のバランスが崩れ、スピンしてしまうこともあります。


こういったことから、雨の日の運転には多くの注意が必要です。

雨の日の事故件数は、晴れた日に比べて4倍とも5倍とも言われていますから、
運転には充分ご注意ください。(^^)

			

- 社長インタビュー -

代表取締役 目見田純也


- スタッフ紹介 -

常務取締役 谷家誠


- スタッフ紹介 -

マネージャー 森蔭智昭


- スタッフ紹介 -

総務・広報 東邦恵